おはなの、日々のあぶく。

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月11日。

<<   作成日時 : 2017/03/11 11:24   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

6年前の震災以来、
はじめて福島県外で過ごす、3月11日。

結婚を機に地元を離れ、約5カ月。

普段は目にすることが少ない、地元福島県の話題。
良いのか悪いのか…
ここ数日は、たくさん目にすることができます。


中から見る、東北、福島。
外から見る、東北、福島。

当然なのだろうけど…
ちょっと温度差を感じたりもします。


福島県で生まれ育ち、30年以上。
震災と原発事故以前の、穏やかな福島県を知っています。
その後の福島も、見てきた(つもりです)。

6年経っても、目にする「福島」は
「原発事故」の負のイメージの方が色濃くて
悔しいのと、悲しいのとで、苦しくなります。

でも、それより強く思うことは
どんなことでもいいから「福島の今」を知っていてほしい。
ということ。

受け入れ難い、負の現実も多くあるなかで
愚直に淡々と、今出来る事を続け
“光の射す方へ”動いている人達が大勢いること。

“普通”に元気に遊ぶ子供たちがいること。
家族の姿があること。

子供たちの健康を守ろうと活動している人達がいること。

純粋に「安全で美味しい農作物を」と、
作り続け、ひとつひとつ検査をしている人達がいること。

除染や廃炉作業をしてくれる人達がいること。

街の再生のために日夜働いている人達がいること。

まだまだ前を向いていくには辛いという人達を
支え続けている人達がいること。

福島で面白い事を考えて、
人を呼び、福島を元気にしてくれている人達がいること。


あの大きな災害と、原発事故から
こうして少しづつでも復興が進んでいるのは
そうした人達がいてくれるから。

さまざまな人達が
地道に積み重ねて、6年。

区切りはない。
これからもずっと続くこと。

だから、息切れしないように
細く長くでもいい。

福島、そして東北に
誠実な関心を持ち続けていてほしい。



この6年の間にも、
大きな災害が各地で起こっています。
福島をはじめ、東北各地の復興が
これからも大きな道しるべになりますように。。。。





今は、こうして地元を離れ暮らしているけど
出来ればまた、生まれ育った福島に戻りたい。
福島の米、やっぱ、うめぇんだぁ〜!








画像









塩屋埼灯台から見た、いわきの海。
(2016年7月撮影)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

リンク

  • ふくしま新発売。
  • ふんばろう東日本支援プロジェクト


  • Yahoo! JAPAN 復興支援 東日本大震災

    ソウルフラワー震災基金 2011

    画像

    画像

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
    にほんブログ村
    3月11日。 おはなの、日々のあぶく。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる